首页 > 搜索 > 漫画色系,現代美術家・笹田靖人の熱すぎる人生論「自分の信じる道を進むべき」/関西/芸能/デイリースポーツ online

漫画色系,現代美術家・笹田靖人の熱すぎる人生論「自分の信じる道を進むべき」/関西/芸能/デイリースポーツ online

互联网 2021-11-27 21:45:29

大阪・南堀江のギャラリー「peel」(大阪市西区)で、4月2日から3日間にわたり開催されている『YASUTO SASADA exhibichion -MAKUAKE-』。0.3mmの極細ペンを用いて描かれる緻密な作品で注目を集める、現代美術家・笹田靖人の大阪での初の企画展だ。

笹田といえば、「心斎橋オーパ きれい館」(大阪市中央区)で現在開催中の『東方神起 15th ANNIVERSARY MUSEUM XVision』でも作品を展示。高校時代からのファンという東方神起への愛と情熱に満ちたコラボレーション作品も反響を呼び大きな飛躍を続ける彼に、その活動の原点をインタビューした。

取材・文/後藤愛

「自分の人生を生きるのは自分。信じる道を進むべき」岡山県に生まれ、中学3年生で『読売国際漫画大賞』ジュニア部門で優秀賞を獲得。美術系の高校を経て、京都の芸術大学へと進学した笹田。今では「細密画」と表現される笹田の画風だが、大学ではこんな言葉をかけられることもあったという。

「先生からは『君の絵は気持ち悪いからダメだ』と言われてました。でも僕はそこで落ち込まず、『ならば気持ち悪いを極めよう!』と考えて(笑)。若い頃って特に真面目ですよね。安くはないお金を払ってインストールしに大学へ通うわけで、そこで教えられる言葉は逃さず聞かなければと思った」と話す笹田。

「でも、それをそのまま聞いていてもダメなんです。先生に言われたこと=答えではない。『気持ち悪い』という言葉も否定と受け取るのではなく、ひとつの道だととらえる。だって自分の人生ですから。自分が信じるものならどんどんその道を進んだ方がいいと思ったんです」と語る。

「引き算の美学」という言葉もあるが、笹田の画風はその逆をいく足し算。たとえば、東方神起展でのメインビジュアル『機械戦士』は、東方神起の2人の周囲に彼らを象徴するアイテムや数字をぎっしり散りばめ、ミクロの集合体からマクロを描き出すような作品に。

ファンからも笹田の東方神起への愛情を讃える声が多く寄せられており、ひとつの世界を深く濃く表現する笹田の持ち味が確立した何よりの証明だ。とはいえ、ここまでの道程が順調なものだったわけでは決してない。

「芸術家は、職業というにはあまりにもお金にならない世界。その一方で、就職したり家庭を築いたりと周囲が順風満帆に見えてくるわけですよ。なのに僕はひたすら部屋にこもって作品と向き合うしかない苦しさがあって。お金もないし、人生にBETできるのは時間しかない・・・そんな辛い時期を支えてくれたのが弟でしたね」と話す。

幼い頃からずっと絵を描き続けてきた兄の姿を信じ、絵の具を買う金銭的支援からメンタルケアも担ってきたのが現・マネージャーの恵介氏だ。2人はまるで兄のゴッホを弟のテオが支えたように、二人三脚での活動を展開していく。

「本来のセオリーだと、画廊を通して活動の手配をしてもらうんでしょうが、僕には窮屈に感じてしまって。たとえばこの作品は今出すべきじゃないとか言われると、『僕が作った今が最も熱い瞬間なのに、今伝えなかったらいつになるんだ!?』なんて思うわけです。そういうことにもすべて共感してくれたのが弟でした」と振りかえる。

「そこからはギャラリーにこだわらず、壁があれば表現の場だ! と、ストリート感覚でやり始めました。2013年には、帽子ショップで個展をおこなったんですが、そこでは来場してくれた方にタブー視されていた絵の写真撮影をどんどんやってもらいました」と、さまざまな試みに挑戦したという。

個展に来てもらったからには覚えてもらいたい!という思いからの斬新なアイデア。その来場客による写真は海を渡って、当時フランス・パリにいた世界的デザイナー・Yohji Yamamoto(山本耀司)の目に留まり、笹田をファッションの世界へと導いていく。

「想像もしていなかった展開でした。レールどころか、何もなかったところに道を作ったというか。耀司さんからは全くやったことのない無理難題をたくさん出されました。でも『できます!』と言うしかない(笑)。時間がないなかでも1日で描き上げて、それを耀司さんが思いもしない形に作り上げたり・・・驚きがいっぱいで、めちゃくちゃ楽しい時間でした」。

2021年現在まで、Yohji Yamamotoとは4回にわたりコラボレーション。その点は線となり、新たな縁を生み続けている。前述の東方神起に加え、今年1月には台湾の人気チアリーダー・チュンチュンとのコラボを実現。「自分以外のエッセンスを入れることによって作品が色めき立つというか、また違う場所へと向かうことができるような気がします」と語るように、コラボレーションは笹田のライフワークのひとつといえるだろう。

「自分自身が1番、僕の次回作を楽しみにしている」笹田は「僕のいろんな経験はもっとたくさんの方に伝えていきたい。僕が学生のときは、どうやったら好きな絵を書いて生きていけるのか日々考えていました。大学でいろんな先生に質問しましたが、誰も答えを知らないんですよ。よく考えたら先生が知っているのは、先生になる方法だけですよね」と話す。

続けて「僕が自分でやっていくうちに分かったことは、画家は人物も含めて画家なんだということ。大学では絵だけで表現する、絵が100%大切・・・そんな教え方をしますが、現実にはゴッホもピカソもみんなキャラクターが立っていますよね。草間彌生さんも村上隆さんも、きちんと自己プロデュースされている。まず人物そのものの面白さがつかみとして必要なんです。それに気付いてからは、僕自身もっと作品とリンクするような人物でありたいと考えるようになりました」と語る。

4月2~4日には、大阪・南堀江のギャラリー「peel」にて個展『YASUTO SASADA exhibichion -MAKUAKE-』の開催が控えている。

「自分自身が1番、自分の次回作を楽しみにしていて。コラボも含めて、自分が面白いと思ったものを描き続けていく。続けられることが大切。どれだけ才能があっても飽きてしまえば描くことはできない。どれだけ自分を飽きさせないか、それが絵を描き続ける上で重要なことかなと思います」。

笹田が描く東方神起の2人の姿や、ここでしか見ることのできない貴重な衣装など見どころ多数の『東方神起 15th ANNIVERSARY MUSEUM XVision』は、4月8日まで「心斎橋オーパ きれい館」にて。

(Lmaga.jp)

免责声明:非本网注明原创的信息,皆为程序自动获取互联网,目的在于传递更多信息,并不代表本网赞同其观点和对其真实性负责;如此页面有侵犯到您的权益,请给站长发送邮件,并提供相关证明(版权证明、身份证正反面、侵权链接),站长将在收到邮件12小时内删除。

一周热门

查看更多